万葉集 〜時を越えて〜

BACK HOME
初句索引
朝戸出(あさとで)の 君が足結(あゆひ)を 濡らす露原(つゆはら)
早く起き 出(い)でつつ我れも 裳裾(もすそ)濡らさな
朝早く出かけるあなた。
そんなあなたの足下を濡らす朝露。
見送る私も、スカートの裾を同じように濡らすわ。
 あははー、もう、こーゆーパターンの歌は多いって分かってても、見るとやっぱり照れちゃいますね。訳す時も照れてます(笑
 あんまり解説みたいなのがいるような歌ではありませんね。そのまんまです。
『あなたを濡らした朝露に、私も一緒に濡れていたいわ』
 と、そーゆーワケです。他にも同じような歌を既に訳してますが、やっぱりまた訳しちゃいました(笑