万葉集 〜時を越えて〜

BACK HOME
初句索引
待つらむに 至らば妹(いも)が 嬉しみと
(ゑ)まむ姿を 行きて早(はや)見む
いつものあの場所で
嬉しそうに微笑む彼女の姿を
一秒でも早く見たいんだ
思はぬに 至らば妹(いも)が 嬉しみと
(ゑ)まむ眉引(まよび)き 思ほゆるかも
来るなんて思ってないだろうけど
着いたらきっと喜んでくれるよね
そんな彼女の笑顔、見たくって……
 この二首、よく似てるけど違います。最初の歌は会う約束をしていて、当時は女性の家でしょうけれど、その場所へ向かう時の歌で、次の歌は会う約束はしていないけれど会いに行く、そんな時の歌ですね。
 シチュエーションこそ少し違いますが、どちらの歌からも想いが強く伝わって来ます。早く会って喜ぶ姿を見たいという想いが……