万葉集 〜時を越えて〜

BACK HOME
初句索引
(いめ)の逢ひは 苦しくありけり おどろきて
掻き探れども 手にも触れねば
夢で逢うのは辛いんだ
ふと目がさめても、そこに君がいないんだから
手に触れることもないんだから……
 そう言われてみれば、確かにそうですよね。寂しくて、そばに居てほしい夜の夢なんかに恋人が出てきて、で、目がさめようもんなら……。せめて目がさめなければ、と願ってしまいます。