万葉集 〜時を越えて〜

BACK HOME
初句索引
生ける世に 恋といふものを 相(あひ)見ねば
恋のうちにも 我れぞ苦しき
生まれてから今まで、恋なんて知らなかったの
そんな私の恋だから、どんな恋より苦しいの、きっと……
 初恋、ってヤツですね。う〜ん、なんとも、懐かしくて、ほんの少し心がキュッとなる、そんな想い出が、こう、頭をよぎります。
 初めて『恋』ってヤツにブチ当たった時、その想いが何なのか、本当に分かりませんでした。ま、もちろん今でも分からなかったりしますが。そういうのとは別の次元で、その相手に会った時に妙にそわそわして気持ちがフワフワしてしまう自分を不思議に思ったり、気がつけばその相手のコトを考えてる自分を見つけてビックリしてみたり。その気持ちが何なのか、分かりませんでした。
 いやはや、ほんとに懐かしい……